【パン うまかや】居酒屋の味!焼き鳥パン

パンうまかやの看板 大分市

大分市高松にある『パン うまかや』に行ってきました。

「パンうまかや」の外観
かわいい暖簾がお出迎え

居酒屋『旨香家』(うまかや)の中にオープンしたパン屋で、お昼の時間帯(11:00~15:00)には、「つくね」「せせり」など居酒屋ならではのパンが並んでいます。

店内

「パンうまかや」の店内

開店直後の11時に伺いましたが、この日はOBS(大分放送)の朝の情報番組「おはようナイスキャッチ」の放送直後とあって、すでに多くのお客さんで賑わっていました。撮影した写真を見ると一目瞭然、パンの種類や数がかなり少なくなっております。

ソーセージとつくねパン
  • ソーセージ 198円
  • つくねパン 198円
かしらとシーフードカレーぱん
  • かしら 198円
  • シーフードカレーぱん 216円
砂ズリぱん
  • 砂ズリぱん 198円
ぼんじりパン
  • ぼんじりパン 198円
あんパンとあんドーナツ
  • あんパン 162円
  • あんドーナツ 162円
めろんパン
  • めろんパン 162円
くるみあんぱん

くるみあんぱん 162円

サンドイッチ各種
サンドイッチもお手頃な価格

サンドイッチ(各162円)

  • せせり
  • とり唐
  • クリームコロッケ
  • チキンカツ
  • ハムカツ
  • コロッケ
  • たまごサラダ

購入品

購入品

焼き鳥パン(各198円)※写真左から

  • つくね:”つくね”をパンで包み、その上には焼き鳥のタレと大葉が乗っています。
  • ぼんじりパン:居酒屋メニューと同じ”ぼんじり”(鶏のお尻の骨周りに付いている三角形の肉)がパンの中に。七味がピリリと効いています。
  • かしら:人気の”牛スジ煮込み”のタレで煮込んだ”かしら”(豚の頭部。豚1頭から取れる量が少ない希少部位)はホロホロ。ゴボウとカラシ入り。

サンドイッチ(各162円)※写真左から

  • とり唐:ニンニクが効いていてタマゴとの相性バッチリです。
  • チキンカツ
  • たまごサラダ
  • ハムカツ:肉厚のハムカツと旨味たっぷりのソースとの相性が抜群。

めろんパン(162円)
あんパン(162円):みつあん(大分製餡)のあんこを使用。

まとめ

焼き鳥を串のままパン生地で包み込み、タレ、一味、海苔などでトッピングしたパンは、見た目も味も焼き鳥そのもの。

「かしら」(豚の頭部)は、”牛スジ煮込み”のタレでゴボウと一緒に煮込んでいて、パンに合う味付けに仕上がっています。食べる前は想像がつきませんでしたが、思ったよりパンに合いますね。こういう組み合わせは居酒屋ならでは。手土産にもおもしろいと思います。

店舗情報

住所:大分市高松1-7-21
TEL:097-576-7815
営業時間:11:00~15:00(売切れ次第終了)
定休日:月曜日
駐車場:10台
Insta:@pan_umakaya
※データは2022年10月12日時点のもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました